読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

QNNニュース

芸能・新商品・新サービス・スポーツ・経済・政治までうわさのニュースを独自の視点で掲載します。

マルチタレントR・F(リリーフランキー)と歌手・実力派女優S・K(柴咲コウ)さんが熱愛?アッコにおまかせ!で。。

TBS系列の日曜12:00から放送している。アッコにおまかせ!の人気コーナーで、FLASH編集部が追いかけている。マルチタレントR・Fと歌手・実力派女優が、麻布十番の路上で二人が『抱擁&キス』をしていたとの目撃情報があったと放送された!!

 

芸能暴露系でイニシャルトークはよくありますが、今回は、マルチタレントR・Fと歌手・実力派女優S・Kと何だか以外な組合させですが、この人物は誰のか気になり調査開始です。

番組では、「映画の共演がきっかで出会い、女優のSさんはクリエイタータイプの男性が好みで、かなり年上のRさんにぞっこん」とありました。最初は、R・Fがふかわりょう さんくらいしか思い浮かばなかったのですが、かなり年上でもないし映画の接点もないので、全く見当外れな考えをしていました。

特徴のあるイニシャルなので、更に調べるとどうやらリリーフランキーさんではないかと思い、早速Wikipediaで調べてみると映画で歌手・実力派女優S・Kと共演していた事実が発覚!!ただ問題が、リリーさんのスペルがRではなくLなんです。がここは気にせずに突き進みたいと思います。

ところでリリー・フランキーさんとは

 

リリーフランキーのWWFコラボレーションTシャツはバックプリントがポイント!大きなパンダとリリーならではのタッチで描かれた柴犬イラストの寄付が出来るボランティア半袖オーガニックコットンTee◆WWF×アーティストTシャツ リリー・フランキー

リリー・フランキー(Lily Franky、 本名:中川 雅也(なかがわ まさや)、1963年11月4日 - )は、福岡県北九州市小倉生まれのマルチタレントで、イラストレーター、ライター、エッセイスト小説家絵本作家アートディレクターデザイナーミュージシャン作詞家作曲家構成作家演出家、ラジオナビゲーター、フォトグラファー俳優など、非常に多種多才な顔を持つ。武蔵野美術大学卒業。身長・174cm、体重・62kg、血液型・B型。所属事務所は、ガンパウダー有限会社。

ペンネームの「リリー」の由来は、大学時代の友人とあまりに仲が良く、周りの友人がこの2人に対し、「薔薇と百合(ローズ&リリー)みたい」と名付けた事から。また、カルチャー・クラブボーイ・ジョージが好きだった事から、自身も「男だか女だか判らない、日本人だか外国人だか判らない謎めいた名前にしたい」との理由で、「フランキー」を後に付けた。

作詞作曲をする際は、“Elvis Woodstock(エルヴィス・ウッドストック)”というペンネームで活動している。ロックバンド「TOKYO MOOD PUNKS」のボーカル。

映画[編集]

出典Wikipedia

歌手・実力派女優S・Kさんと思われる方と共演した可能性があるのが、容疑者Xの献身なのですが、役とすると友情出演で草野球の監督で出ているだけなので共演と呼べるほどではない気がしたのですが、ただ、この映画の主演である福山雅治さんはリリー・フランキーさんと仲がよく、飲みに行ったりするようで、もしかしたら、福山さん絡みで、接点を持った可能性も否めない気がします。

 

【Blu-ray ブルーレイ】容疑者Xの献身 DVD付福山雅治 [PCXE-50004]

つまり、歌手・実力派女優S・Kは柴咲コウさんとなるのではと思うわけです。

さらに、2014/07/29 の日刊大衆さんの記事にも

柴咲もそんな彼の謎めいた魔術にかかってしまったのか。ちなみに両者は、08年の映画『容疑者Xの献身』で共演している。

冒頭の目撃女性は話す。「店先に出てきた二人は、いきなり"ブチュー"と。柴咲さんがリリーさんの顔を見上げてするチューは、約30秒間は続いていたと思います。
舌も入ってたんじゃないですか?周囲に人もいなかったので大胆になったんでしょうね」

ラフなパンツスタイルの柴咲に、いつものカンカン帽姿のリリー。
店先のスポットライトが二人を淡く明るく照らしていたという。

「手や腕や何もかもが絡み合っていて、まあエロい雰囲気でしたよ」(前同) 引用 日刊大衆

リリー・フランキーさんは、結構モテ男で以前にはタレントの加藤紀子さんと交際し結婚寸前までいったようですし、更には、安めぐみとの焼き肉デートが激写され、2011年には長澤まさみさんと仲がよく、毎日のように飲み歩く所が目撃されていたなど、女性に大人気のようです。

一応、加藤紀子さんはこの方

詳細は画像をクリックすると見れます。

もし、歌手・実力派女優S・K=柴咲コウさんなら、こんな素敵な方に好かれるテクニックをリリー・フランキーさんに本でも出してもらいたいところです。

今回のイニシャルがあったっているかどうかは推測ですが、もし本当であれば結構衝撃的です。